【特別な才能はでない】売れる女性営業マンの特徴【真似すればOK】

goodsaleswoman business

売れる女性営業マンってどんな特徴があるのか知りたい人

「なかなか思うように売れないので、営業目標を達成できません。売れる女性営業がやっていることを知って真似したい。自分の営業力を高めて目標を達成したいです。どうしたらいいでしょうか?」

この記事では、こういった悩みに答えます。

本記事の内容

・【特別な才能ではない】売れる女性営業マンの3つの特徴

・今日から使える営業テクニック【精神論ではないです】

・継続的に目標達成し続けるために大切なたった1つのこと

・営業が辛いと感じたらすること

・【まとめ】すごい女性営業マンはたくさんいる

✔︎記事の信憑性

私は通信会社と化粧品会社で合計6年間法人営業を担当し、新規開拓営業、ルートセールス、代理店営業、代理店新規開拓を経験しています。

個人としては通信会社時代は県内1位の営業成績を4年間キープ。転職後は化粧品会社にて新規・ルート・代理店開拓・代理店営業全てに関わり仕組み化、モデルケース創出してきました。

個人の実績だけではなく、大手企業とベンチャー企業両方の営業畑で「売れる営業マン」と「売れない営業マン」を数多く見てきたので、実体験に基づいて売れる女性営業マンの特徴をお伝えしていきます。

【特別な才能ではない】売れる女性営業マンの3つの特徴

結論からお伝えすると、売れる女性営業マンは、特別な才能を持っているわけではありません。清潔感は大切ですが、見た目の美しさも関係ないです。

彼女たちが売れる理由は、「マインド」「知識・経験」「やり方」の3つの特徴が普通の営業マンと違うからです。それを才能と呼んでいる人がいるだけです。

逆にこの3つの特徴を真似すれば売れる営業マンになれると言えます。

例えば、あなたはどちらの女性からマイホームを購入しますか?

女性営業マンA

超絶美人で、話上手、気立てもよい。聞いたことには適切に回答してくれる素敵な女性

女性営業マンB

お世辞でも美人とは言えないが、自分幸せのために家を一緒に考えてくれる、言いたかったことを思い出せてくれる、流行りや経験にのっとったアドバイスをくれる、引っ越した後の生活イメージを連想させてくれる、事前に想定されるトラブルを教えてくれる、ちょっとした質問にもすぐ答えをくれる、忙しい時はさりげなく電話を控えてくれる女性

多くの方は、後者の女性営業マンから家を買うのではないでしょうか。

そして、そんな女性営業マンから家を買ったあと、家の購入を検討している友人に、「すごくいい営業さんがいるよ」と、彼女のことを紹介するのではないでしょうか。

そういうことです。

売れる営業は才能とか女性としての美しさではありません。

売れる女性営業マンの「マインド」

✔︎自分が販売している商品が好きで、自信がある

自分の商品が好き、自信があるかどうかの判断の基準は、家族や親友に同じ商品を売れるかどうかです。

極論ですが、自分が扱っている商品が嫌いで、自信もないなら売れる営業マンになるのは難しいです。転職しましょう。

✔︎“売りたい”のではなく、“お客様に、○◯になってほしい”

○○に入る言葉は、“幸せになってほしい”、“綺麗になってほしい”、“便利になってほしい”、“安心してほしい”など、販売する商品によって違います。

売ることが目標であっても、商品を購入した後のお客様に気持ちが向いているのが売れる女性営業マンです。

売れる女性営業マンの「知識・経験」

✔︎商品の説明ではなく、お客様が商品を使用した時の利用シーンが語れる

売れない女性営業マンは、商品の特徴だけを語ります。

売れる女性営業マンは、その商品を使用した時の利用シーンを語ります。

語るには、相手を知る力と想像力が必要です。

✔︎他の営業マンの案件も知っている。語れる事例が豊富だから、同じ失敗をさせない

経験は、営業経歴に比例する? それは普通の人の考え方です。違います。

売れる営業マンは、先輩や同僚の営業経験を知る努力をしているため、自分ひとりで経験する数以上の経験談を語ることができます。

その結果、お客様に事前にあらゆる懸念を事前に伝えられます。

売れる女性営業マンの「やり方」

✔︎全ての案件が受注できるわけがない。だから、失注するたび新しい案件を作る

どんなに営業力があっても、失注するときは失注します。

しかし、売れる女性営業マンは失注するたびに、新しい案件を探しに行くので何も怖いことはありません。

ちなみに、お客様から「何かあったらこちらから連絡します」と言われる場合は、失注にカウントします。

✔︎販売してからが始まり。お客様から愛されるから、新規を紹介される

売れる女性営業マンは、1件の案件から次の案件につなげます。

契約したらそのあとは見向きもしない営業マンもいますが、お客様から信頼を得られる彼女たちは、「販売した後」が勝負だと考えています。

お客様のケアをしつつ、「お知り合いでお困りの方いらっしゃいましたらご相談ください。私のことを利用してくださいね」と次の案件に繋げていきます。

今日から使える営業テクニック【精神論ではないです】

具体的に、売れる女性営業マンがやっている営業テクニックを紹介します。

会えないなら手紙をかく

何度電話しても出ない、メールしても返信がない、なかなか会えない相手には手紙を書きましょう。アナログな手法なので、こんなことをやる人は少ないです。

だからこそ、目立ちます。お客様の記憶に残ります。

毎回会話の内容を記録する。次のアポで前回の話を少し出す

当たり前のことですが、お客様と話したことは記録しましょう。

そして、次にお客様と会う前に必ず確認します。

お客様は、「どれだけ自分を理解してくれているのか?」という観点で相手を信頼します。

そのため、前回の会話でお客様がぽろっと話したことさえ覚えているというのは信頼につながります。

小さな約束を絶対に守る

「確認します」「ご用意しておきます」「○時にお電話します」「次回は○○の話をします」などの商談中の約束事項は当たり前に守りましょう。

それだけではなく

「あのラーメン屋さん、美味しいんですよ。ランチで使ってみるといいですよ」

「そうなんですね!行ってみます。ありがとうございます」

こんな感じの世間話でさえ、自分の言葉に責任を持って約束を守りましょう。次回の会話のアイスブレイクでお店の感想を話せば、お客様との距離を近づけられます。

とにかく聞く。聞く。聞く。お客様に話させる

自分より、お客様に話をしてもらいましょう。

売れない営業マンほど、お客様の気持ちを置き去りにして自分が話し続けます。

商品を説明する前に、相手のニーズを詳しく聞きましょう。なぜ、そのニーズがあるのか、どんな未来を希望するのかさらに深掘りしていきます。

お客様にたくさん話をさせられる営業は、売れます。

聞く内容は、自分の仮説に基づいて。仮説は相手に基づいて

単に質問をすることが聞くことではありません。自分で仮説を立てて、その仮説を確認していく作業が聞くことです。

仮説は、相手の状況に基づいて考えます。

例えば、AとBどちらも聞く内容は同じですが、Aは仮説なし、Bは仮説に基づいた聞き方です。

A:どんな間取りがご希望ですか?

B:若いお二人なので、これからお子さんのことも考えますと、3LDKか4LDKをご希望される方が多いですが、いかがですか?

A:何系の仕事をお探しですか?

B:今までの経歴を拝見すると、営業経験、マーケティング経験があるようなので営業職やマーケティング職はもちろん、コンサルティングや企画職も視野に入れられるかと思います。ちなみに、何系のお仕事をお探しですか?

すでに希望が固まっていてスピーディな対応を求めるお客様の場合は、シンプルな対応が好まれるので相手と状況によりますが、仮説を立ててヒアリングするというのはこんな感じです。

これ以上丁寧にできないくらい礼儀正しく

お客様との関係が長くなったり、営業経験が長っても、お客様と営業という立場を忘れてはいけません。

親しき中にも礼儀あり。どんなに気さくに話してくださるお客様にも丁寧に対応し続けることで、信頼されます。礼儀の良さだけでも相手の記憶に残せます。

会話をするときは、相手の左目を見る

左目は、直感力や感覚を司っている右脳に対応しているため、左目を見て話すと「相手を理解してあげたいという」想いを伝えることができます。

同時に相手は、「この人は理解してくれる」「感じの良い人だ」という感覚になります。

両目を見つめたり、凝視するのはプレッシャーを与えてしまうので避けましょう。

いつもより少し低い声で、ゆっくり話す

説得力と信頼感、安心感を感じさせる声は、高い声よりも、低い声が良いのです。

営業では、信頼感と安心感は非常に大事です。

いつもの女性らしい声ではなく、商談の時はできるだけ低い声、落ち着いてゆっくりしたトーンでお客様と話しましょう。

継続的に目標達成し続けるために大切なたった1つのこと

1ヶ月や2ヶ月売上目標を達成するだけでは、売れる営業マンとは言えません。

売れる女性営業マンは、継続的に売上目標を達成するからこそ「売れる」と言われます。

継続的に目標達成し続けるためにとは、常に先の案件を見つけ、案件を途切れさせないことが重要です。

“今月の売上目標は前月以前にやってある。来月以降の売上目標を今やる”というサイクルができれば、継続的に目標を達成し続けることができます。

常に先の案件を見つけ、案件を途切れさせないためには、有効な案件を必要数以上プールし続ける必要があります。失注したり、雲行きが怪しい案件の数だけ、新しい案件を発掘すれば良いのです。

目標を達成するための必要案件数を把握し、常に必要な案件数をプールするサイクルができれば、継続的に目標を達成することができます。

おまけ:営業が辛いと感じたらすること

どんな営業でも、モチベーションが上がらない時や落ち込むことはあります。疲れるのは当たり前です。そんな時は思い切って自分を甘やかしましょう。

中途半端にさぼらないで徹底的にサボる

疲れたら、中途半端にさぼらないで徹底的にサボりましょう。

ずる休み、架空のアポイントOKです。

会社にバレないようにうまく工夫して、本気で仕事をサボることが重要です。

頑張ったら、お気に入りのカフェで自分にご褒美を

週末には、翌週の小さい目標を決めましょう。

小さい目標とは、「来週は、仕事のあいまに昔失注したお客様10件に電話してヒアリングする」などです。少し頑張れば達成する内容にしましょう。

金曜日に振り返って、目標を達成できていたか確認します。達成できていたら、好きなカフェに行って自分を思いっきり褒めてあげましょう。

できれば仕事中にカフェに行くことをお勧めします。外出先で1週間を振り返りながら、また翌週の小さな目標を立てます。

頑張った自分へのご褒美は、アクセサリーや洋服でも良いです。「この目標を達成したら、あのピアスを買う!」とか、そんな感じで頑張れちゃうのが女性営業マンです。

関連記事【30代の働く女性にオススメ】大人の華奢なジュエリー

関連記事【30代の働く女性にオススメ】プチプラでオシャレな大人のファッション通販サイトまとめ

【まとめ】すごい女性営業マンはたくさんいる

世の中にすごい女性営業マンはたくさんいます。

今あなたがトップセールスを目指しているのであれば、「マインド」を正しい方向にセットして、「知識・経験」「やり方」を身に付れば売れる女性営業マンになることができます

ただし、記事を読んでも行動しないと何も変わりません。

まずは、1つでもここに書いてあることを実践してみてください。

もしどうしても営業に関する本が読みたい場合は、「60ヵ月連続! ! 目標達成する営業女子の力 (アスカビジネス)」がおすすめです。(営業を頑張りすぎて疲れていた私を救ってくれた本でもあります)

60ヶ月連続で売上目標を達成し続けた、ぐるなびの伝説女性営業マンが書いた本です。女性の特性をふまえて目標達成し続けるノウハウが学べます。

記事は以上です。

コメント

  1. […] 【特別な才能はでない】売れる女性営業マンの特徴【真似すればOK】でも紹介していますが、営業マンのスキルは、「才能」ではありません。 […]

タイトルとURLをコピーしました